校長室より

   ホーム  >  校長室より

福岡特別支援学校ホームページにようこそ!!

心から歓迎いたします。

 


福岡県立福岡特別支援学校

    校 長  牛 島 大 典


 

 新しい年度、平成29年度が始まりました。築城特別支援学校から本校に赴任して参りました牛島大典です。どうぞよろしくお願いします。

 本校は、昭和37年に肢体不自由がある子ども達の教育の場として福岡県立養護学校として開設され、その教育力を礎に平成23年4月に新しく福岡特別支援学校として再スタートし、肢体不自由教育における専門性の向上に向け、組織的に学校作りを行ってきました。

 福岡養護学校時代から歴代校長のもと、教職員・保護者が一丸となり、その長い歴史の中ですばらしい実績を積み上げてきています。

 本年度、教育目標である「児童生徒一人一人の個性と障がいの状態に応じた適切な教育を通して、その持てる力や可能性を鍛えてほめて最大限に伸ばすとともに、豊かな人間性を培い、自立(律)心を持って積極的に社会に参加しようとする児童生徒の育成に努める」に基づいて、先生方に次の2つのことをお願いしています。

 一つは、児童生徒の安全・安心・安定を図ることです。児童生徒が安全に安心して過ごせる学校生活を基盤にしながら、児童生徒の心や体調面での安定、保護者の方々との信頼関係の安定を目指したいと思います。

 もう一つは、児童生徒のよさや可能性を充分に引き出していく指導や支援の徹底です。子ども達の可能性は無限です。もてる力をそれぞれの実態に応じて最大限発揮できるよう教職員が心を合わせていく所存です

 また、教職員の共通認識として、児童生徒が大事にされていると実感できる学校であること、児童生徒に対して、よりきめ細やかな配慮と指導を行いその教育の質を高めること、教職員の危機管理のアンテナを高くし、安全と健康に配慮した指導を行うこと、の3点について取り組んで参りたいと考えております。

 本年度の在籍児童生徒数につきましては、131名でスタートしました。

 保護者の皆様からお預かりした131名の子ども達の教育を誠心誠意、心を込めて行って参る所存です。

 結びにあたり、今後とも、本校の教育活動が円滑に行われ、児童生徒・保護者のニーズに応え、指導・支援していくことができるように教育活動の充実に努めて参りたいと考えております。

 皆様のますますのご理解とご支援ご協力をお願い申し上げましてご挨拶といたします

 

 ホーム