短期入園について

   ホーム  >  短期入園について [ 短期入園教育について ]
 短期入園教育について

 □ 短期入園教育について

  本校には隣接する医療型障がい児入所施設である、福岡県立粕屋新光園から通っている児童生徒がいます。 手術やリハビリで粕屋新光園に入園している期間(数ヶ月から半年程度)、本校に通学することで学習を保障する教育が、短期入園教育です。短期入園教育の一般学級では、通常の小学校・中学校に準じた教育課程で、重複学級では本校の重複学級に準じた教育課程で学習しています。県内はもちろん、県外からも多くの児童生徒が入園して、本校の授業を受けています。

 

□ 教育目標 

○ 児童生徒の実態把握を行い、発達段階や術後の状況に応じた指導の充実を図る。

○ 前籍校と連絡を密に取り、指導の充実を図る。

○ 卒業後の自立と社会参加を達成するために必要なことを日々意識して教育活動に取り入れる。

○ 進路に関する情報の収集・発信に努める。

○ 短期部内での情報の共有化を図る。

○ 分掌間及び短期部内で連携し協力を図る。

○ 一人一人の教員の指導力向上を図る。

○ 統括特別支援教育コーディネーターの助言や支援を活かす。

○ 短期入園児童生徒の緊急時対応の徹底を図る。

○ 感染症流行時の対応を適切に実施する。

 

 

 ホーム